NAMIDA LIP

your tear will be your food

約束の火


桃井かおり監督・脚本・主演!映画『火 Hee』予告編

 

今、結構酔っぱらってるけど、今日の事は今日書きたいとです。

何故なら、特に今日は桃井かおりさん監督・主演の映画「火」を見に行ったとです。

あ。

その前によった喫茶店の壁紙とか素敵だったから。

f:id:namidalip:20160830215022j:plain

 

そんで、映画館へ。

 

f:id:namidalip:20160830215112j:plain

f:id:namidalip:20160830215140j:plain

f:id:namidalip:20160830215203j:plain

 

映画「火 hee」

見終わって友人と「凄かったね・・・」としか言えなくて。

何がどうした。これがどうだった。とか?

細かい事よりも、作品の、いや、女優桃井かおりの大きさに恐れすら覚える物でした。

女優としてではなく、人間として凄いモノを内に秘めていると。

女優は人間なのです。

第一回作品「無花果の顔」は映画館に行けずにDVDを購入して見ましたけど、これも凄かった。

家族ってモノを幻想的に、と同時に超現実的に肌で感じる作品でした。

 

そして「火 hee」

桃井さんのあるインタビューで「この作品の説明を主演女優に説明する手間がはぶけるから私がやった」

との言葉が。

いやいやいや。

これをもし誰か他の女優さんに説明したとしたら一年くらいかかるんじゃないかと。

つーか、理解出来ない女優がほとんどじゃないかと。

これは見れば分かります。

絶対、かおりさんしか出来ないと。

だから、見て下さい。

そして、悩んで下さい。

んー。悩むとも言葉が違うなー。

見つからない言葉が、この映画の感想になると思います。

これこそ芸術です。

俺は彼女を「女優」と言うカテゴリーにはめたくないくらい。

ってか見て!ほんと見て!笑

 

これは映画史に残る名作になります。

ならないと言うなら、その喧嘩買いますよ。

 

桃井かおり

#火hee

 

疲れたので、後半は明日。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする