読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NAMIDA LIP

your tear will be your food

うちのかおり そとのかおり

ちょっと「香り」についてブログを書こうと思ったら、このタイトルを思い出した。

国際政治学者で俺が世界で1番尊敬する芸術家、桃井かおりさんのお父様が娘かおりさんの事を書いたサイトの名前。

桃井かおりさんを好きだったり、気になったり、逆に嫌いだったりする方は是非お父様のインタビュー記事を読んで欲しい。

 

http://www5b.biglobe.ne.jp/~k-momoi/momoimakoto-utinokaorisotonokaori.htm

 

で。

まず「うちのかおり」から。

この前、実はzara homeに寄ってまして。

最初は安いクッションとかないかな?と思いつつ店内を見ていたのだが、店内がとても良い匂いで。

俺が好きな匂い、gardeniaの香り。

f:id:namidalip:20160917115853j:plain

 

香りコーナーみたいなのがあって、そこでルームフレグランスが売ってた。

もちろんgardeniaもあって、興奮して嗅いでみたらなんか違う。

逆に隣にあったwhite jasmineの方がチョー良い香り。

 

f:id:namidalip:20160917120835j:plain

 

買うよね。

とても良いですよ。香りが結構強いので少量でも良い香り。

主に出かける前に使って良い香りにさせたり就寝前に使ってグッスリ寝たりしてます。

 

女子か。

 

でも、好きなモンは好きなんです。

わりーか。

 

「そとのかおり」

香水は昔から大好きで、最初に買った、いやもらったのかな?は確かagnes bの「ルベー」だったような。

それは今でも好き。

あ。

一時期カルバンクラインの香水流行ったよね?

あれ大嫌い!!!

香りって、そこに「思い出」がついてくるでしょ?

だからカルバンクラインの香りはイヤーな思い出もあるから嫌い。

本当、嗅ぐと具合悪くなる。

 

そんな余談は置いておいて。

ニューヨーク留学時代はgucciの「envy」

ニューヨーカーが香水バシャバシャ付けてクセ―から負けじと俺もバシャバシャ付けてました。

俺、ニューヨーク留学で辛かった事って1度もないんですよね。

ただ、お恥ずかしい話。

知らない間にストレスが溜まっていたのと、水分不足で酷い「痔」になった時は流石に大変でしたね。

まぁ色々と日本では出来ない体験とニューヨークの「生き心地の良さ」と、なんか「自由になれた」とかポジティブな精神に溢れていたので、前にも書きましたが、またenvyを買おうかと思うのです。

パワー出るっつーの。

 

これさ、今思ったけど全部書いてると疲れる。

から他のヤツは飛ーばーしーてー。

 

現在。

使っているのはビバリちゃんからもらったchanel の「bleu」とdolce&gabbanaの「one」

bleuは本当にご好評で、「あれ!もしかしてbleuつけてる?!」とか分かっちゃう組合員の方もいらっしゃいますね、はい。

oneは昔、秋冬用に使おうと思って。

どちらも「男の香り」って感じ。

 

gardeniaとか好きなくせに、何故男っぽいのを付けるようになったのか?

まぁ、そうゆう香りも好きになったのも当然だけれど。

万が一。

億が一。

兆が一。

俺の事を好きだなーって思ってくれる人が出来たとするじゃないですか。

それで俺の近くに来た時に、フローラル系の香りがするってどうなの?って客観的に

引きまして。。。

引くのオソ!

 

相手への礼儀みたいな事も考えられるようになったんですよ、40にして。

オソ!!

 

これで相手が出来てたら同じ香水とか使っちゃってさー。

なんかイチャイチャしながら、ボディーソープの香りがどれが良いとか一緒に買い物とか行っちゃってさー。

ベッドの匂いも良い香りと体臭が混ざって良い感じになってさー。

 

。。。

 

妄想万歳。

ちなみに「体臭フェチ」でもあるので、また違う機会にお話しを。

このブログって俺の変態性が如実にあらわれますけど良いんでしょうかね。

ま、いっか。

 

 

最後に山本耀司さん×桃井かおりさんコラボのストール。

56000円なり。

欲しい。

f:id:namidalip:20160917125648j:plain

 

 

 

 

広告を非表示にする